Kaitos Activity

Kaito's Activity

コロナがそろそろ落ち着いてきたら 海斗の美術解剖学セミナーは再開しますよ! 2017、2018年 : 東京 2019年:大阪 2020年は再度東京に行きます。両方一度にやりたいのですけどね、体ひとつなもので。。。 去年大 […]

詳細へ

2020年5月28日

人の形のR(曲線)

よく、曲線美という言葉が使われます。 人のカラダに対してです。 人のカラダにはしかし、直線は一切存在してません。すべて、曲線からできています。 骨でもそうなんですよ、ここでは写真に上げませんけど例えば直線に見える太ももの […]

詳細へ

プロになりたい。 絵をかく多くの人がそう思ってます。プロになるってどういうことかというと描けて当たり前の人になるという事です。 当然、勉強して努力しないといけない。どんなプロでもそうですが同じプロの世界でも勉強できる場が […]

詳細へ

2020年5月18日

小鳥が休む場所

小鳥が休める場所が、人体にはある。 頸部三角の下の方に位置する『大鎖骨上窩』痩せた人が肩をすくめるとポンとくぼむ。 硬い話ですみませんね、でも絵にしたときにここを描いてあるかどうかで 首らしさ、が引き立ちます。 首と肩の […]

詳細へ

コロ助のおかげで大学の授業もまったく疎遠になり、 学生さんは勉強できる環境のありがたさを感じてくれているだろうか。 最近はボクも授業にモデルとして出てないので学校が恋しい、と思うこの頃です。 東京で新しく授業させてもらう […]

詳細へ

昔は、人体(ヌード)を描くときは男女別々だったのですよね~。     こんな感じで。。。。     今って、いかに恵まれているか、わかりますよね。 男女混じって、自由に勉強。今の時 […]

詳細へ

『美術解剖学アトラス』という南山堂の本に出会ったのがいつのことだっただろう。 東京藝大の中尾先生と宮永先生のこの共著がボクが最初に美術解剖学に出会った接点でした。 その中で、起伏にとんだ人体の凹凸、つまり曲線なのですが、 […]

詳細へ

2020年5月8日

AI時代の人の美

イタリアのフィレンツェ在住の彫刻家Marusia Nitaは美しいものを作る。自分が美しいと感じるものを作る人の、その美しいと感じている感覚が見ている人に伝わるから。作品って、すべて自画像だと思う。作者が感動していない作 […]

詳細へ

大阪芸大から最近、京都精華大学にキャラクターデザインコースの教授として赴任された小田先生とは、もう10年以上のお付き合いになるのだろうか、当時は成安造形大学に来られたばかりの時にボクのブログに入ってきていただいて大学に遊 […]

詳細へ

またもや半年、HPを放置しておりました! コロナで時間が出来たので再開します。ホントにモデル活動やその他の美術活動で忙しくて、昨年の10月に下書きで書き溜めていたものからトロトロと再開しますね。   これを描く […]

詳細へ

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します