美術的体躯 美術解剖学モデル 海斗

What is Artistic Model

アートモデル(美術モデル)とは、美術家の作品創作のためのモチーフとして人体の造形を視覚面で提供して美術家のインスピレーションを惹起する存在です。また、平面や立体にかかわらずその実習の為のモチーフとしても活躍します。


人はなぜこのような形をしているのか。ヌードでポーズを取るアートモデルには美術解剖学的な知識があることが望ましいです。

Profile

人体描画表現に特化した画塾であるアトリエROJUE(京都)総合プロデューサー。

美術解剖学会(東京藝術大学内)会員。

写真集「Jamale」を欧州にて2008年に発表、日本では東京都写真美術館(東京・恵比寿)に所蔵。

成安造形大学をはじめ各美術大学や美術系高校、専門学校、ゲームコンテンツ、アニメなどの企業などでの美術解剖学セミナーやデモ。講演など多数。 

随想「美術解剖学への旅」国会図書館に所蔵。

フリンジフェスティバル(オーストラリア・メルボルン)にて写真作品出典。

Infomation

2018年5月26日より東京にて毎月美術解剖学のイベントを開催します。美術解剖学の教科書と実際のモデルを見て、手と頭に解剖学に基づいた美術感覚を身に着けてください。
特にゲームグラフィック、CG、アニメ関連のデザイナ様にお勧めの企画となります。通年開催しますので、単独イベントよりも情報の密度が高くなります。是非ご参加ください。

開催予定

5月26日第1回 プロポーション
6月16日第2回 体幹と胴体
7月14日第3回 手と腕
8月18日第4回 背中と腕
9月29日第5回 顔の構造と表情
10月20日第6回 脚・足・お尻
11月17日第7回 人種の差(黒人、白人、アジア人)
12月15日第8回 脂肪、そして人のカタチ
1月19日第9回 人を描くワークショップ (総合的復習と実習スケッチ)
2月16日最終回 卒業クロッキー100本 (自由自在に人が描けるか)
ご好評により追加開催決定しました
3月16日補講(出られなかった回、もう一度聞きたい回)
4月20日犬、ネコ、人の比較解剖学
5月18日医大の教授が教える「医学としての解剖学」

PDFでご覧の方は下記リンクからご確認ください。

案内詳細PDF

アニメーター様、イラストレータ様、服飾デザイナ様等、人体描画能力を求められるスタッフ様を雇用しておられる会社様向けの研修プログラムを随時募集しております。
詳細は下記ボタンをクリックしてください。

法人向け講義のご案内

Kaito's Activity

もう3週間ほど前の話になってしまいましたが。。。 10月20日の【海斗LIVE~筋肉と骨】は顔と表情をテーマにいつものようにポリゴンマジック株式会社(六本木)で行いました。 いつもと違ってモデルが服を着てます(笑)。顔は […]

詳細へ

2018年10月30日

毎月の里帰り

また投稿が3週間も間が空いてしまいました。 忙しいと言えばそれでおしまいですけど、それじゃあダメなんですよね。毎日いろんなことをやってますけど1日がどんどん飛んで行く。覚えてなくてもいい事はどんどん忘れる主義でやってます […]

詳細へ

2018年10月6日

脚・足・お尻!

さて次回の美術解剖学セミナー 【海斗LIVE・筋肉と骨】の案内です。次回の第6回は 【脚・足・お尻】。男女の性差が最も現れる骨盤、つまりお尻の構造と見え方、そこから出ている脚と足。胴体や顔に続く、人体のもっともコアな部分 […]

詳細へ

おすすめの美術解剖学セミナーとして海斗が東京で毎月開いている美術解剖学講座【海斗LIVE、筋肉と骨】の第5回は「背中と腕」でした。実はもう一か月前の話。今更これを上げるというのはいかに日々忙しいか。。。やばいです。こんな […]

詳細へ

絵が出来上がる。写真がまだ発達しいない時代には画家がモデルを雇って1枚の絵をじっくり描いていたので、ある程度の財力がなければ人物は描けない時代が長く続きました。 現代は携帯で撮った写真がひと昔まえのデジカメ以上の解像度を […]

詳細へ

過去記事検索

Archive

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します

Link