Kaitos Activity

 おにぎりのようなヒト

 

ROJUEのクロッキー会では


よく男女でWポースをする機会がありますが


恋人でも夫婦でもないですから


遠慮しがちになるのはやむを得ません。
でも相手にしっかり触れずして
面白い形も作れないし、そこがジレンマです。

 


遠慮イコール接触面を少なくしていけば、


自ずとストーリー性のあるポーズに逃げ場を求めます。


ただストーリーは伝わらない場合も多いので


女性モデルの胸をつかむなどして、
(もちろん同意をもらってですけど)


ギョッと感を出したりもします。


 


でも本当は造形として面白いものを追及したい、
と思う事もしばしば。
 


接触面で遠慮をしなければ


このようなポーズはどうでしょう。


えー、何人? と一瞬思うけど


手足が4本づつだから、こりゃ二人だ。


この二人のモデルをほぐして、
独りづつ描いてみたい、と思いますか。
モデルはつらいよ~、これは。
下になった方のモデルは
腰を思い切りひねって、
前のモデルの陰で自分の下半身が
完全に隠れるようなポジションを要求されている。
下の方のモデルは
もし男性だと肩の筋肉がばっちりでる形だから
面白いとおもうのです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します