Kaitos Activity

 自問自答の繰り返しが、味方

OSAKA路樹絵に参加されている方が
このまえ言っておられました。
『ひとりで描いていても限界がある』
スキル面でもそうですけど、
気持ちの張りやヤル気の維持もそうですよね。
各地にあるクロッキー会や画塾は
そういう意味でも貴重な存在だと思いますね。
氷さんのご尽力で出来た、終日デッサンの場。
そこには15名ほどの方が参加されましたが、
その中でOSAKA路樹絵常連の佐藤さんの絵です。

ご自身のコメント ↓

『自分の絵は進歩の程はよく分かりませんが、

実際に見える通りに描きたい気持ちと、

光をうまくとらえて立体感が出るように描きたい気持ちと、

やっぱりごまかしてしまっています。

具体的に言うと、そう暗く見えていないのだけれど、

身体の影になる部分を黒く描いてしまいました。

影の中にも光を差した方がもっと立体に見えたかもしれません。』


—————————————————
絵じゃなくてもどの分野でも、
独学とは自問自答の繰り返し。
人に安易に頼ったり、何かのせいにしたり、という
迷宮に入ってしまうと、
分野にかかわらず技術は身につかないものですけど
こうして自問自答がちゃんとできる人は、
やっぱり上達も早いのでは。
とはいえ、冒頭のコトバ。
『ひとりで描いていても限界がある』
仲間を見つけることは、大切なことですよ。
路樹絵の各地でのデッサン・クロッキー会。
きてくださいね。
ところが都市によってはヌードを描く機会など無い、
どうすればいい、という声も数多く聞きます。
各地でリーダーとなる人が出てきて
機会を作ってしまえばいいのですが。。。
無いものは、作ろう。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します