Kaitos Activity

 死体は何も語らない

10月1日と言えばもうすぐ、なんですが
日本美術解剖学会が成安造形大学(大津市)でありまして、
ボク、美術モデルHIROはパネリストの一人として
基調講演をやらせてもらいます。
一般の人も見にこれる学会ですから
美大と言うものがどんなモンなんだろう、
学会ってどんなモンなんだろう、と思う人。
ぜひとも足を運んでみませんか?
昼過ぎ13時から夕方までです。
成安造形大学。 おごと温泉駅(湖西線)から
無料のバスが出ています。 (タダはうれしい)
京都から20分くらいかな。
東京藝大はもちろんのこと、京大やその他お偉い先生方の
前で講演をするんでかなり緊張・・・することもなく
美術モデルらしく裸でやろうかと思ったりしている次第です。
演題はやっぱりカラダ。
死体はしゃべらない。生きてるヤツは一杯しゃべる。体も同じです。
死体は語らない (死んだ人に思い入れがある場合は別ですけど)
でも生体はいろんなことを絵描きに向かって言ってきます。
——————————————————————–
死体をうつぶせにして、両腕ともを真横に開かせる。
皮をはいで筋肉を露出したら、そこに何筋がある、と解説する。
ただ、それだけ。 死んだ人間という物体の事実がわかるだけ。
ここまでしかほとんどの美大ではやってない、というか
それさえも十分にやってない。(と生徒からは聞く)
かたや、生体が同じポーズをとると、
両腕が横にある・・・ということは
壁のようなものを押しているかもしれないし、
ヒモなんかを引っ張っているかもしれない。
”生きてるんだから何かをしている” 可能性大だ。
(両腕を横に。壁を押そうとしている)

(同じく両腕を横に、ヒモを引っ張っている)

二つとも骨は同じようなポジションにあるものの、
筋肉は雄弁に違いを語る。これだけ違う顔を見せてくる。
これを描け、と筋肉は言ってくる。
シャツを脱いで、これをやろうかな。
なにかにつけ、勉強には見る、観る、視る。 
これが必要なのです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します