Kaitos Activity

 新宿からNYへ - 展覧会

新宿のアート・コンプレックス・センター・オブ・TOKYO、
Art Complex Center Of Tokyo
ここで主にサブカルチャーの作品を展示する
ARTLABOX(アートラボX)。

審査のあるこの展覧示会で、
対象に受賞者にはニューヨークのギャラリー
EXCY Galleryで自分の展示ができる。
予選を通過したアーティストたちは、
タイガースファンにはなじみの深い
必死のパッチという心境でしょう。
(必死のパッチを知らない地方の方にリンクをつけますので
ぜひ、使ってください)
NYの前に、新宿で思い切りがんばる、という事でしょう。
このEXCYギャラリーは
サブカルの系日本人アーティストが出しやすい条件。
そして、世界最大級の面積の百貨店Macy’sのすぐ横なので
たくさんの人が流れているんです。
多くの目に留まるという利点が有るのです。
アドレスでいうとニューヨーク35番街にあります。
今回、この予選を通過して本選に臨むアーティストさんが
普段OSAKA路樹絵に来られています。
なんとか、大賞を取ってNYデビューして欲しいものです。
その彼女がボクをモチーフにしたフィギュア1体を
展示に出したいと申し出をもらいました。
そんなところに出すのならちゃんとせなー、ということで
美術解剖学的に正しい事を目指して作られたようです。
ご本人はかなり勉強をされて、
最後は納得の仕上がりとの連絡をもらいました。

何かを越えようとしてガンバってみて、
そこで溜まった知識と経験は以後ずっと使える。
今回のことは美術解剖学モデルとしては嬉しいことです。
ちなみに、美術解剖学会が今年は7月16日(土)に
東京芸大であります
まだ学会からは発表されていませんけれど
一足先に書いておきますね。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します