Kaitos Activity

 写真モデルの現場で


美術モデルの仕事は
たまに本の為の写真のこともあります。
東洋医学の【ツボ】
このツボの本、『ツボ単』 のモデルをやりました。
1年越しでようやく出版です。
3月7日から大手書店の店頭に並び始めます。
東洋医学系の本としては強気の初版1万部。

ボクの体の写真の上に3Dで体の中、をかぶせています。
3,990円、という高い本。
『冬のノナタ』は初版4、000だったのを考えると、
1万部は強気ですね。
このような、本の仕事の現場とは、
このようなものです ↓
(去年1月にあげた記事の再録です)
————————————————————-
人体のツボを、生身の美術モデルを使って著わす
教科書の撮影現場を写真でレポートします。
新宿のSTUDIO ON (スタジオ・オン)に
朝から入って缶詰三日間の制作工程。
ボクらは第二スタジオ。
横では 『セブンティーン』 の撮影中でした。

『はいー、さっそくスタンバってくださいね』
その声を聞いてから楽屋でちょっと手入れ。

現場では、フォトグラファー、タカザワカズヒトさんが
ポジションの確認。 このように外国人女性を
撮っているカメラマンとの仕事はボクも初めて。
セッティング中のこの導光板にボクが乗って撮影です。

導光板にのったボクが撮影開始。
撮影アシスタントが照度計で明るさを測る。

光の効果による影で筋肉の起伏を撮る。
もともと女性的で華奢な骨格であるボクの姿は
普段は筋肉で隠してはいるものの、
光の中に入るとこのように本来の華奢が出てくる。
これ、もしも乳房があったら女性のシルエットとも
いえるフォルム、

—————————————————————
と、こうして書いていますけど、
地震のことは気になってしかたない。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します