Kaitos Activity

 人を飽きさせないモノ

3月21日に東京ROJUEでデッサン会を
予定していましたが中止としました。
日に日に悪くなる今の状況で、
参加の方々の夜の家路の安全を思うと無理は出来ません。
フルに1日、デッサンとクロッキー、
予定してたんですが、残念。
4月も出来るかなー、とため息。
それはそれ、これはこれ、と思っては見ても
ブログでお気楽なことを書いている場合じゃないなと
つい思ってしまいます。
阪神大震災のとき、
友達のところに水を届けようと
西宮から神戸までペットボトルを背負って
阪急の線路沿いに歩いたときの暗澹とした気持ち。
またよみがえってきた。
あの阪神のときより大きな災害が
自分の生きてるうちにまた起きるなんて、思ってもいなかった。
神戸のすぐ横に、ほぼ無傷の大阪があったあの時と比べて
今回は無傷の隣人がいない。これは大変なことです。
———————————————————–
神戸市立博物館で古代ギリシャ展をやってます。
神戸が終わったら、東京でもやるんですよね夏ごろに。
その頃には関東も落ちついていたらいいのですが。
かつて、めちゃめちゃになった神戸も
こうして展覧会をしている。
関東も早くにカムバックすればいいですが。
この展覧会のロゴに使われている円盤投げ
これはモデルとしてきついポーズですけど
3分で何度もやってきました。
この角度を忠実に保つなら5分は持ちません。

名作ですけど写実としてはおかしなところが沢山ある像なんです。
この体脂肪ならば軸足となっている
右足大腿部の筋肉群があらわになっているはずが
まったく描写をされていない。
肩と首と胸と鎖骨の関連が粗い、
左腕前腕の血管と筋肉の描写がないなど
言い出したらきりがない。
でも大事なことは、そんなことよりも
この作品に人類が【古代ギリシャ時代から飽きていない】 
ということ。
展覧会が終わったとたんにゴミになる、
そういう卒展の制作物あたりと一体何が違うのだろう!?
2000年以上、飽きさせずに魅了するとはどういうことなのだろう。
美術って、人を魅了する高貴な仕事なんです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します