Kaitos Activity

 ロクでもないやつ

人は自分のことは良く知っているから、


自分とはロクでもないヤツだと思っている。


そう思ってない人もいるだろうけれど、


ボクは自分をそう思って落ち込む事もある。


 
ミスチルのtomorrow never know


桜井和寿のこの歌詞は、ボクの心に痛い↓


 


『無邪気に人を裏切れるほど


何もかもを欲しがっていた。


分かり合えた友の愛した人でさえも。


償うことさえ出来ずに今日も痛みを抱き


夢中で掛け抜けるけれどもまだ明日は見えず。


勝利も敗北も無いまま孤独なレースは続いてく』



 


”勝利も敗北もない孤独なレース”


ここから抜け出るには


何らか、人のために何かをして、


人に認められて集団の中の自分の居場所を求める。


群れで生きる習性を持つ人間のような生き物が


幸福感を得るには元々それしかないのでした。


 


それが正しいとか違うとかの次元じゃなくて


そういう生き物。DNAとしてそれしかない。


 



とすると画家とはすばらしい存在。


1枚の絵が幸福感をもたらして


お金をだしてでも欲しいと人が思う。


どんな絵描きでも絵が売れたら


それがいくらだとか言うこともだけど


誰が買ってくれたのか、何故買ってくれたのか、


知りたいと思うもの。


 


モノを作る人の幸福感とは


他人とのかかわり無しではなかなか得られません。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します