Kaitos Activity

 モデル3人をいっぺんに描く

昨日の記事と同じく東京ROJUEクロッキー会で。
バンビの七変化、のあとは
モデル3人を描く、トリプルクロッキー、をやりました。
年末や!ちょっとお祭り気分で。
モデルはNICO, 理花、そしてボクも務めました。
イントロでソロを各モデルが2本づつ。
それからパートナーを組み替えてダブルポーズを
10-8分で。
最後は3人いっぺんに台に上がっての
トリプル・クロッキー。
トリプルで15分~20分ですよ。
線を走らせてナンボ。
輪郭を追っていたら間に合わない分、
大づかみにして線で捉える、
渡辺先生の言うラインコントロールの練習になる。
描く前は、そんな短時間でムリ!と言っていた人たち。
描きましたよ。
(ダブル12分。 NICO + HIRO)

(ダブル12分、理花+HIRO)

(トリプル・モデル 20分で、お見事です)

(同じポーズの回を、違うアングルで捉えた20分、
仕事量、多いですね)

(ベテランの20分。結構余裕で描かれていたかも)

東京ROJUEクロッキー会は、練習会ですから
うまく描けなくたっていいのですが、
みなさんうまく描かれますね。
うまく描こうとするな、が渡辺先生のいつもの言葉。
絵面(えづら)にとらわれるな、とも。
これ、人生とおなじですよね、
小さくまとまらずに、大きく描きたいものです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します