Kaitos Activity

 オーストリアのヌード写真家(2)

また前回記事に続いて

オーストリアの写真家Andreas H Bitesnich


の作品の紹介です。


 


彼はわりと最近、『Body』という作品集をだした。


人体が持つ造形上の可能性を


彼のアート視線で作ったモノ。


 


写真なので計算があちこちにあって


美術モデルのボクにはちょっとヤラセが過ぎる、


と思ってしまうのですが、


作家の試行錯誤が見えて楽しい、面白いともいえます。


 



 


 


モデルなら思うでしょう。
これ、どうやって撮ったのか?
下の女性のつま先立ちは力がそれほど入っていないので
上の人の全体重は実際に下にはかかっていない事がわかる。
上の人は脚を開いています。
お尻の緊張は確かにこの姿の通りだけど
この状態での静止はめちゃめちゃ辛い、というか
女性の背筋力だと1秒でも無理でしょう。
向こう側から、何かで支えているんだろうか。
などなど、モデルとしては色々考えれて楽しいのです。
ロダンが言ったのは


『写真は嘘をついている、なぜなら写真は時間を
切り取るが、時間は
止まる事は無いからである。』


といった。


 


写真の登場で写実絵画が滅びるのではないかと


言われた時代、それを意識した発言だったのでしょう。


 


でも、絵と写真は、まったく違うものを表現できる


お互いに優れた表現方法だと思うのですよ。


 



 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します