Kaitos Activity

 ACのCMと金子みすゞ

いっとき、山ほど続いたACのコマーシャル。

あれほど同じものを立て続けに流されると


最初は違和感。


でもだんだん慣れてきた。


あれが流れないと逆に寂しくなってきた。


 


ボクがすきなのは、手で子供を抱くCM。



お手て~、と言って


手を繋ぎに行く2歳くらいのあの子がカワイイ


 


一つ、嬉しいのは


ACのCMのおかげで『金子みすゞ』が脚光を浴びたこと。


 


“遊ばない、というと遊ばない、と言う。


     ・・・こだまでしょうか? いいえ、誰でも“


     というあのCM


 


あの詩、現代の詩みたいでしょ。


実際は日本が軍国化に走る、戦前の女の子が


80年前に作った詩なのですよ。


 


絵描きと同じく、


文学の作家は素晴しい。


たんなる記号でしかない、コトバという材料を


組み合わせることで創造の広がりを生み出す。


一枚の絵を見ていろんなイマジネーションが広がるように


一篇の詩も無限大の世界を生む。


 


(金子みすゞ。 26歳で服毒自殺するその生涯は


愛情に恵まれていなくて、寂しさ、があちこちに顔を出す
そういう詩を作った。これは20歳の記念写真のようだ。)



 



 


『犬』という作品がある。
———————————


  


うちのダリアの咲いた日に


酒屋のクロは死にました。


 


おもてで遊ぶわたしらを、


いつでも、おこるおばさんが、


おろおろ泣いておりました。


 


その日、学校でそのことを


おもしろそうに、話してて、


 


ふっと寂しくなりました。



 


——————————————————- 




この詩に技巧はあるのだろうか??


あるのかもしれないけど


ボクの心には直球ストレートに、ドスンときた。


『ふっと寂しくなった』、という
ただ一つのフレーズの


この迫力。


 


西條八十が天才と認めた金子みすゞ。


知らない人がおられましたら、


ブックオフでもいいから詩集を買ってきて


ゆっくり時間を取れるときに


リラックスして読んで欲しい作家です。
詩集は、【わたしと、小鳥と、すずと】です

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します