Kaitos Activity

 125本のポーズを4時間で。観る力を養う。

見えているものを写し取るという段階から自分流に表現するという段階に成長するために、絵描きは色々な勉強をしようとします。

 

画力と言う言葉を構成する要素の中には単にスキルを示すものから観察力、モチーフに対する洞察力、道具に関する知識なども含まれますが、フォルムを捉える力もその一つです。モチーフが人体の場合はフォルムを捉える力はクロッキーでの観察で養われるところが大きいと思います。一言で見る力といってもどうやって醸成してゆけばいいのか、戸惑っているかたも多いと思うのです。

 

大阪でクロッキー会を行います、男女モデル合わせて125本!そのうち100本は1分クロッキーで瞬時にポーズを見抜いていわゆるムーブマンというものを観る訓練です。 海斗とおかん、暴れたポーズで皆さんに様々なフォルムを提供します。

 

(女性モデル、おかん。アトリエROJUEきっての造形力に優れたモデルです↓)

 

もう、ほぼ満席になりましたが、あと1-2席でしたら行けそうです ↓

 

 

「美術解剖学講座」のブラウザから、毎月のイベントをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

過去記事検索

Archive

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します

Link