Kaitos Activity

 若いモデルは体力が違うな

皆さんが1枚のデッサンに必要な時間は
だいたいどれくらいでしょう?
作品作りのために長丁場でモデルに来てもらうとか、
画塾の授業で、という以外は
大体2-3時間でしょうか。
モデルはその間、じっとポーズするわけですが
立ちポーズだと立っているうちに血がさがって
女性だと貧血を起こしたり、脚がむくんだりします。
なので女性モデルだと座ってやる場合がほとんどですし、
ボクでもいまだに1日ぶっ通しでもやればできますけど、
終わったらぐったり。 次の日に疲れが残ります。
名古屋ROJUEから東京ROJUEに移ってきたモデル
TOMOは午後1時から8時まで、立ちポーズでやってくれました。
TOMOちゃんはハタチそこそこ。
さすがに若さとはオソロシイ。
終わってからでも、まだできるなんていうんですもの。

Sさんのこの1枚のデッサンは
背景とモデルの関係性をよく表現された一枚。
とくに下半身、これだけモデルが背景から浮き上がって見える。

立ちポーズで長く立てるモデルは
デッサンする絵描きにはとても貴重な存在です。
モデルの選考の際にも
体力はおおきなポイントです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します