Kaitos Activity

 目に飛び込んでくる、耳に勝手に入ってくる

ソウルの中心地、江南(カンナム)です。



カフェに座ってパソコンに向かう。


日本でもスタバはモノを書く人が多いけど


こちらも同じようにPCに向かってキーをたたく音。。




 


BGMは有線、韓国なんでKポップというやつ。


別に好きでも嫌いでもないけれど


耳にガーンと入ってくるのは何故?、と思うくらい


自己主張の強いメロディ、伝えようとする声色。
勝手に耳に入ってきて、メロディを覚えてしまう。
作る側が自分が出したものに対して
実に堂々としてますねー、
ハッキリ言って、これは日本以外で特に感じます。
ボクの生きる文字や物書きの世界では
強烈なインパクト、は欲しいもの。
説明しないとわからないものなんて、所詮は未完成。
読み手の目に勝手に飛び込んで引っ張り込まないと
いい文章とはとても言えない。
要は伝えようという気迫のようなものかなあ。
これ、アートも同じでしょ。
文章でも絵でも、伝えよう!が乏しい表現なんて
単なるタレ流し。
耳に勝手に入ってくるKポップのたくましさに
思った次第。 好きでも嫌いでもないですが、
見習わなアカンと思ってしまった。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します