Kaitos Activity

 東京でデッサン

オレ様系の自称・画家が
モデルを呼んで絵を描くと
たいがいモデルが怒って途中で帰ってジ・エンド。
人間が人間を描くときには
人同士のやり取りがそこに発生して
その雰囲気の元に”共同制作”に入るもの。
この共同、ということができないと
絵かきとモデルの関係・協働は成り立たない。
各地のROJUEデッサン会、クロッキー会に
来ていただく絵かきさんたちは
みなモデルとの関係を結んでいただいて
毎回楽しい。
『はじめまして、きゃりいぱみゅぱみゅです』
という渡辺先生のボケから始まるクロッキー会は
渡邊先生とみなさんとの関係も楽しくて良い雰囲気です。
直近の東京ROJUEの様子↓
(固定デッサンの様子。 140分で描くスピード・デッサン。
モデルは、いずみ)

18名の方々の絵を全部出したいけれど、
代表で2枚。 いずれも渡辺先生が合格、としたもの)


(渡辺先生が全員の絵を講評。
辛口の講評。 だから発見があって、
本当に上手くなりたいという方が集まる。)

2月の東京ROJUEはお休み。
3月20日(祝・水)です。
詳しくは『そうだ、路樹絵、行こう』 から見てください。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します