Kaitos Activity

 教科書通りにいかないヒト

教科書とは違う!
美術解剖学モデルをしていて


人はどうなっているのか、を講義するなかで


是非とも知っていただきたいことの一つです。


 


1億2千万日本人の顔がみんな違うように


カラダもみんな違うのですよ~。


 



だから、美術解剖学をマスターしたら


人の形がわかった・・・なんて簡単にはいきません。


そこから『個体差』というわけのわからない部分に


さらに入り込んでゆくのです。






ボクが京都のジムで顔を合わせるジム仲間、ダイキ。


彼のカラダは21歳にしてもう教科書から外れてます


 


背中の下の方に、左右対称に丸くついているもの。


これ、なんだかわかりますか。


こんなものがついているって、
人体の解剖図や教科書には書いてません。


 


これは位置からして広背筋で、


その通り、広背筋なのですが


この位置に対して垂直方向に負荷をかける運動


(デッドリフト)を継続して行った結果、


この部分の厚みがZ方向に顕著になったものです。


 


 


(ダイキ、21歳。ここまでなるまで血のにじむ努力。
この辛さにに比べれば体重絞るダイエットなんて、チョロイもの)


 



 


数学の公式のように、
覚えてしまったらその通りに答えが出る。


人間の体はそんな単純にはできていないのです。
ダイキは大阪府警を受けるらしい。
市民守ったってや。


 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します