Kaitos Activity

 愛情と絵






名古屋で行った【筋肉と骨®】に
わざわざ大阪から来られた参加者の方から
メールをもらいました。
『愛情』・・・いい話じゃないですか。
———————————————————-


お疲れ様でした。


解剖学の講座とても勉強になりました。


技術的な話もよかったのですが


名も無きわれわれのようなものに対する


お二人の姿勢に感動しました。


モデルのポーズや西洋人の見る視点、性差


それぞれの個性を強調される話と裏腹に


お二人の個を抑えた取り組み姿勢は頭が下がりました


ちょうど私が油絵で取り組んでいることと少しかぶっています。



そういうお二人の姿勢や翌日の渡辺先生の姿勢などを
拝見したおかげで帰りの車の中で気づかされました.


自分のデッサンに足りないもの。


陰影で描くとか触覚描写が足りないとか


そういうものも必要ですが
対象に対する愛情が足らないと思いました。


今のデッサンは油絵で足りないものを気づくためにとか


タブローにする前の前段階の気持ちで描いていました


それではいつまでたっても軽いままですね


もっと愛情を持たないといけないなと感じました


今回の旅はとても意味のあるものになりました。


 


技法に対する葛藤やタブローに対する愛情、自負は


たくさんの人がやっているので


私は職業人としてできること、できる愛情のかけ方を


やって生きたいと思います。



————————————————–
この日は名古屋、京都の往復でぐったりと疲れたけれど、
このメールはまたボクをも勇気づけてくれました。


 


 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します