Kaitos Activity

 廃屋萌え - これが究極かも

工場、電線、とくれば
もっともポピュラーなものは廃屋。
いろんな写真集も出ているし、
軍艦島なんて観光客激が増で人気なんですよね。
軍艦島がテレビなどで頻繁に取り上げられてから
廃屋に向かっている人も増えているらしい。
奢れる者は久しからずという平家物語の無常観?
ホラーとの紙一重? 
理由はなんだか判りませんが、人気を集めてます。
人の体ではどうにも表現しようのない、
こういう工場・電線・廃屋といった朽ちた美、というのに
ボクの場合は関心がありますねー。
(ネットから拾いましたが、廃屋の道ではプロみたいな記憶屋という方の
撮った廃病院の様子。旧漢字が戦前の雰囲気を出してます。
となりのトトロのメイちゃんのお母さんが入院した七国山病院は
こんなところ?)

(トトロに出てくる七国山病院は、実在した八国山病院のことらしい。
末期の結核患者や精神病患者の療養所だったようだ)

(下駄箱のふた。いかにも病院に来たという感じですね)

(この手術台から結局生きて帰ってこれなかった人もいたのだろう。
でも現場の空気ってどんなのだろう。記憶屋さんはこの光景に
色気を感じたと言ってる。)

(わらのベッド。どんな人がここに寝て、生還できたのだろうか。
記憶屋さんは、内臓が飛び出しているかのような光景、と表現していた)

命のせめぎあいの場、病院。
なぜかひきつけられるのですよ。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します