Kaitos Activity

 幸福なキモチ

シーナ・アイエンガーという人が


選択の科学を研究している。


選択の科学とはなに?



 
人の人生は選択の連続で、


学校、仕事、恋愛、結婚、など大きなものから、


何を食べるか、いつ食べるか、あるいは食べないのかなど


毎日小さなことも迷っている。


この選択を、科学的に解明して良い方向に持ってゆこうというもの。



 


この人の考えた面白い実験で


店頭に試食用のジャムを6種類置いた店と


24種類置いた店では、


6種類の店の方が売上が多かった。


試食そのものは24種類ある店の方が多かったものの、


選択肢が多すぎると、『買えなくなる』のです。



 


選択肢が多いことは、必ずしも幸せじゃない、


逆にこれしかない、で集中する方が幸福感を得られるのだと。


うーん、なるほど、と思った。


ぼくにも、そんな心当たりがあるわ。



 


このシーナ・アイエンガーはいま世界でひっぱりだこ。


ご本人は失明というハンデを背負いながら


選択の研究をしています。


この人の感覚では、失明は選択を狭めたり、


幸福感を阻害するものではないのだとか。


 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します