Kaitos Activity

 存在感とは何なんだろう

また一週間をブログをほったらかしにして
まっこと、 スミマセン!
それでも小学校まるごとひとつくらいの人数の方々から
更新はないか・・・とアクセスを頂いているのは
なんとも申し訳ありません。
ちょっとキバって、更新せな!
————————————————
このまえ、”違いと色気”の記事で
ヘップバーンを取り上げたけど
ボクら美術モデルは銀幕のスターのように
動くのではなくて、ただじっと立っていることを通して
”絵描きさん” という観客の皆様に
何らかのインスピレーションを与えなければいけない。
一切の動きや言葉もなく、存在だけで勝負するには
”存在感”を追求します。
お能や雅楽などの和モノの古典芸能は
動きを極力抑えて何かを表現する芸能。
あまり動かないだけに、相対的に存在感が物を言う。
ここにヒントを求めます。
『アマテラス』の坂東玉三郎。
これが好きか嫌いかとかじゃあなくて
存在感、ありますよね。
じわー、っとにじみ出るような。

表情、動作、衣装、どれも計算し尽くしている。
ボクら美術モデルもだすポーズはひとつづつ、
狙いがあって何を見せるか何をアピールするか
計算があります。
伝わるかどうか、は
投げ手のモデルの感覚と
受けての絵かきの感性が合うかどうか、です。
発信も受信もしてない、のはサミシイですけど。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します