Kaitos Activity

 和食

帰国してからもバタバタとしながら
今日はお世話になっているお二人を昼にお迎えしました。
自分もいれて3名分、昼ご飯を作ります。
料理は趣味というほど大した腕じゃあないけれど
オレンジページが200冊ほどあってそこから色々考えます。
和食、を世界遺産に登録するらしい。
ボクも世界のあちこちに行ってきた者ですけど、
確かに和食は素晴らしい食文化だとおもいますよ。
和食は美術モデル的にも最適のもの。
お迎えする二人は30代前半の男女、
体育系だからキンメ鯛の煮つけとか、
渋いものはやめておこう。
エビフライならいいだろうとおもってねー、
これで約500キロカリーコース。

ブロッコーリーはサバ節とイリコで出した出汁に
3時間つけてから茹でたので味は滲みています。
左の黒いのは、ひじき。 ミネラルとカルシウム。
なんか入院食みたいかな。
アルコールは日本酒をつけました。
お酒があるとアテがいる。
台湾でもらったカラスミにした。

(アップの図。 これはカロリー高いよ。
下に敷いている白いのはダイコンです。
でも、美味い!。 二人にほとんど食べてもらったけど)

ボクが食したのは、エビの量を減らして、でもカラスミは
ちゃんともらって。 合計800キロカローかな。
週に一度は、何を食べても良い日を作ります。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します