Kaitos Activity

 名画もへったくれもなく

ルーブル美術館はいつ行っても大盛況。
それこそ世界中からやってくる人たちには
お目当ての絵や彫刻がある。
芸術、というのは国境を越えて、
なぜにこれほど人を引き付けるのだろう、と
そう驚かずにはいられません。
ただ、上野のパンダと同じで
なかなか落ち着いてみていられないのが
難点といえば難点ね。
DUNON館の奥に悠然と立つ、
ご存じサモトラケのニケ。
ここに向かって人が押し寄せる。
”あー、ついに見た” と言ってまた降りてくる人たち。

(モナリザ、なんて近くに寄れません。
遠くから写真を撮る人たち。
ちなみに、日本の援助でこのモナリザの展示は最新化されたらしい)

せっかくフランスまで飛んできた人には、
なんとしても近くで見たいでしょうにね。
これを思えば、
先日記事にした、名画のド真ん前でドガの原画を
模写していた人なんて、ちと恵まれすぎ?!では。

ニケもモナリザも、
作者はとうにこの世からいなくなっているのに。
作品って、見られることによって
永遠の命が吹き込まれるのですよ。
モナリザも、ニケも、まだ生きている。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します