Kaitos Activity

 名古屋のレポート

8月末に名古屋ROJUEにて、デッサンを学びに来る常連さんの方々をメインの対象として美術解剖学セッション『筋肉と骨』をやりました。今回も多くの方に来ていただきましたがもう8年くらい?やっているでしょうか。今回は基礎ではなくて、ポーズから説き起こす美術解剖学ということで女性モデルSHUの姿から見える凹凸のそれぞれに意味を解説しました。

10時から17時手前までじっくりです。

女性モデルSHUは名古屋のモデルですけど身長が高くて特に胴の長さに特徴のある珍しいプロポーションをしていますので、思い込みの強い人はうまく描けない、そういう形なのです。

参加者のお一人がメモっていたスケッチブック。それぞれ皆さんはえーっと思ったことを書き留めて追いました。

知らなかった!というポイントは人それぞれ違うものですから、スケッチブックが真っ黒の人もいてました。

男女のモデルを生身で目の前で見て描く事は、人を描くのであればやっておきたい勉強の過程の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します