Kaitos Activity

 人のあばら骨のような

以前に廃屋のことをテーマに3連ほど記事を
書いたときに反響を頂きました。
ボクがよく見ている、素描屋さんのブログの絵のなかで、
陰と、その場の空気が何かモノを言う。
そういう1枚がまた出ていて思わずコメントしてしまった。
見えているものがただ見えているのではなくて、
そこから想像力をいかに引き出すか。
(廃屋に取り残された、何らかの動力装置らしきもの。
朽ちて果てた。ボクは、 これが人のあばら骨に見えて仕方ない。)

アトリエ路樹絵の渡邊先生がいわく、
『デッサンとは見えてないものも描くことだ』
見るものの想像力を引き出す、おそるべし、画家の力。
なんか、とてつもない大きな修行をしないと
つかない力のようですけど、
人に不可能なんて無いことも、また事実。
つい最近までやっていた、スポーツギアメーカーのCMの
キャッチコピー、 ”Impossble is nothing”
不可能なんてない、ということです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します