Kaitos Activity

 中学生のデッサン

中学3年生。
アトリエROJUEの本拠地・京都の教室
双子の中学生の女子がいる。
この子たちの絵を紹介します。
(その 1)

(その 2)

これで、デッサンというものを始めて
2回目の絵なんだそうな・・・・。
すごいと思いません? 中学生にしてこの技術。
渡邊先生が教えたことを、スポンジが水を吸うように習得して
描いてしまうのでしょう。
頭が柔らかい事や、固定観念や先入観からの自由、
とうことは我々大人が失いがちなことですから、ハッとします。
『絵とはモデルを通して解釈した、
絵描き本人の心の眼を表すことやで。
これを表現、そしてオリジナリティーという。 
技術だけで写し取ればいいんじゃあないで。
技術がうまいやつなんて、クサるほどいる。 
その向こう側にいる自分とういうものを
絵で表現する、この努力が必要や。』 
これが渡邊先生のことば。
この中学生姉妹も、これから自分の心の目を表現する、
そういう段階に入って行くのでしょう。
 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します