Kaitos Activity

 バレエのダンサー

かなり肌がとんでもないことになった治療で
ひたすら、できるだけ、寝てます。
今日も外に出ず。
これ、ボクにはいままでとは真逆のすごし方。
結構苦痛。
けど急いで治さなきゃいけない。
今度、バレエをやっている女の子たちのために

人体構造の講座を開く運びになっててそれが迫ってくるから。


 


バレエとは身体藝術であってスポーツの要素も多くて、


人体そのものに最も近い藝術。



練習では自分の身体と向き合う。


 


以前にもバレエの方々に人体構造を


説明するセッションを開いたことは何度かありました。



表現のための練習はする中で


なぜそうするのという部分で何となく疑問を持ちながらも


コーチが言うからそうする、みたいなところが
ダンサーたちにはあるようでした。


ボクのお役目はコーチの意味するところを補完的に


『なぜならね、カラダはこうだから』と補完的に説明する事でした。


 


実際踊るのは、車で言えば路上教習。
学科教習にあたる知識も、あって悪くない。
(これ、かっこよくみえるのは、
どこがどうなっているから?)

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します