Kaitos Activity

 デッサンは思い込みを捨て去ること

関西圏の人なら知っていますね、
いま梅田は再開発で賑やか。 人が集まってます。
百貨店は大丸・阪急・阪神・伊勢丹が集まって
売り場面積は新宿より大きい日本最大らしい。
春になったら梅田北ヤードも商業施設になるらしい。
ボクはパリ、ミラノなどの大都会なら飽きないけど
カナダやオーストラリアは3日も居たら苦痛になってくる。
シドニーやトロントの田舎より、ボクには梅田が楽しい。
ところで梅田の休憩スポットは人の少ない伊勢丹です。
雑踏に疲れたらここで一息。
そうです、梅田の百貨店競争は伊勢丹の一人負け。
新宿本店の店づくりを大阪でもやりたい、という
伊勢丹の意気込みの記事を読んで
東京から関西に移り住んだボクは思ったんですが、
伊勢丹のそんな自負は
独特の上質感を持つ阪急に通用すると思えないけど。
地元の老舗・大丸、食品なら阪神、別格の阪急、
と使い分けている大阪という市場で、
中途半端な伊勢丹はきっちり負けている。
こうなれば伊勢丹がどこまで負けるか見たいのと、
落ちきって反省して、巻き返してくる姿も見たい。
伊勢丹のベンチに座りなから、そう思ったり。
————————————————
『デッサンは形を正しく取ること。
それを邪魔している自分の思い込みを捨て去ること。
ありのままの形、リアルを表現する基礎を積むこと』
渡邊先生のデッサン指導によく出てくる言葉です。
伊勢丹も新宿で成功したという思い込みは捨てないとなあ。
デッサンってこんなところにも通じてるわ。
(見たままを描くことのできる様に ~ アトリエROJUEの実習で)

(立命館大学のモンチッチの1枚)

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します