Kaitos Activity

 カタチがあればモノリス化できるんだ

素描屋さん、でおなじみの寅吉さんが
面白いアプローチをしているのでご紹介。
先日のクロッキー会でボクの出したポーズを
立体に起こしてみたという、モノリス化。
モノリス、と言うところがユニークです。
枝葉を切り取って、感じた主張をズバリと作る。
最もシンプル化された表現ほど強い。
クロッキーの1枚ではもったいないポーズを
こうしてストックする、という発想もユニーク。
またモデルとすると、こういってもらえると嬉しい。
造形感覚のある美術モデルは計算してポーズを出します。
どの角度の人に、どう見えているのか。
それを頭に入れていて、ベテランには難しい角度を
初心者の描き手さんには見やすいポーズを出したりします。
(寅吉さんに出したポーズはこれに近いもので、
横から見たとき胴体と足の長さが印象として1:1、
寅吉さんは斜角後方に位置していていたので
その視点からいけば尻がボンと目に入って、
そこから脚が一本だけ直進するように見える、はず)

寅吉さんの観察。

これをモノリス化された。
感じたストーリーと共に。
描き手のインスピレーション広がり方、を改めて見せていただい気がした。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します