Kaitos Activity

 ちゃんと描こうとすること

あたしゃ現代アートなんですよと
正面きってやっているひとは
それはそれなりに、あーそうなんだとおもって
その作品を見てます。
ファインアート、というと観点微妙、
人物デッサン、に焦点が絞られると安心してみられる。
いろんな方々からいろんな依頼をいただく、
われわれ美術モデル。
ボクのような男性モデルに求められるのは、
わざわざ依頼をいただくという意味は
やはり筋肉に焦点が当たっているときが多い。
ペンシルバニアの画家、Philip Gladstone
本人が男性でモチーフもほぼ男性だ。
作品はkneeling made nude 、無題。

ところがー、
右脚、おかしい、こんな風に筋肉は走らない。
右わき腹、おかしい、ミッシングしているパートがある。
肩口から腕、とてもよくとらえているのに
おかしな部分は、残念ながら解剖学的におかしい。
とまあ、こういう風に見られてしまいます。
人の視覚は、違和感を一つ発見すると、
他にも違和感がないかを探しに行く習性がある。
せっかくの作品が粗さがしの対象にならないように、
ちゃんと描きたい、
そういう方が美術モデル依頼をしてくださる。
だからボクも、一所懸命に、やります。
 

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します