Kaitos Activity

 たまにいる、何でもできる人

アトリエ路樹絵の出身のアーティスト・ジャンコが
アメリカのアーティストFredHattのことでメールをくれた。
FredHatt,この人はNYでそこそこ有名な人です。
絵以外にも写真、ボディペイント、彫刻、その他いろいろ
何をやってもできてしまうのですが、
白人の場合、活動のボリュームが大きい人がたまにいます。
ボリュームとは、活動の総量のこと。そんなにやって、
1日は24時間のはずやろ、どこにそんな時間が・・・?と思ってしまう。
アーティストとして活動量の多い人は
15分とか30分とかそういう時間の切れ端を使うのがうまい。
ボクの回りだと成安造形の小田先生がそう。
時間が出来たらすぐ20分、30分、といった短時間の絵筆を持つ。
さっきまで事務をしていたのに、
集中力が絵にぱっと切り替わる。 
次の仕事の時間が来たら、いさぎよくぱっと筆を置く。
まとまった時間が無いと集中できないというひとは、
結局活動量も少ない。そういう人は損だなとおもうのです。
空き時間30分を活用することを10回積み重ねれば、
合計300分(5時間)というまとまった時間が出来てくる。
(絵描きのFred Hatt、アクティブにやる)

(これ系の絵は多いです)

(ムービングはこうなる)

(ボディペイントはこうなる)

作品の好き嫌いや良し悪しは人それぞれですから横に置くとして、
何でもやる人は、あれこれやっているうちに何でもできる人になる。
これは世界どこに行っても、そうかなとおもうのです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します