美術的体躯

Artistic Model 海斗

What is Artistic Model

アートモデル(美術モデル)とは、美術家の作品創作のためのモチーフとして人体の造形を視覚面で提供して美術家のインスピレーションを惹起する存在です。また、平面や立体にかかわらずその実習の為のモチーフとしても活躍します。


人はなぜこのような形をしているのか。ヌードでポーズを取るアートモデルには美術解剖学的な知識があることが望ましいです。

Profile

人体描画表現に特化した画塾であるアトリエROJUE(京都)総合プロデューサー。

美術解剖学会(東京藝術大学内)会員。

写真集「Jamale」を欧州にて2008年に発表、日本では東京都写真美術館(東京・恵比寿)に所蔵。

成安造形大学をはじめ各美術大学や美術系高校、専門学校、ゲームコンテンツ、アニメなどの企業などでの美術解剖学セミナーやデモ。講演など多数。 

随想「美術解剖学への旅」国会図書館に所蔵。

フリンジフェスティバル(オーストラリア・メルボルン)にて写真作品出典。

Infomation

2018年5月26日より東京にて毎月美術解剖学のイベントを開催します。美術解剖学の教科書と実際のモデルを見て、手と頭に解剖学に基づいた美術感覚を身に着けてください。
特にゲームグラフィック、CG、アニメ関連のデザイナ様にお勧めの企画となります。通年開催しますので、単独イベントよりも情報の密度が高くなります。是非ご参加ください。

開催予定

5月26日第1回 プロポーション
6月16日第2回 体幹と胴体
7月14日第3回 手と腕
8月18日第4回 背中と腕
9月15日
9月29日
第5回 顔の構造と表情
10月20日第6回 脚と足
11月17日第7回 人種の差(黒人と日本人)
12月15日第8回 関節と動き(双子のモデル観察から)
1月19日第9回 ポーズを見極める総合力
2月16日最終回 最終テスト (モデルを見なくても描けるスキル)

PDFでご覧の方は下記リンクからご確認ください。

案内詳細PDF

アニメーター様、イラストレータ様、服飾デザイナ様等、人体描画能力を求められるスタッフ様を雇用しておられる会社様向けの研修プログラムを随時募集しております。
詳細は下記ボタンをクリックしてください。

法人向け講義のご案内

Kaito's Activity

人物を描く人なら、人を作りたい人なら、みんながマスターしたい部分、それは顔!!! 毎月定例で東京のポリゴンマジック株式会社で開催している、海斗の美術解剖学LIVE【筋肉と骨】の第5回の開催は9月29日。その【顔】がテーマ […]

詳細へ

先日のポストで、ロダンの青銅時代のポーズをしたところを載せまして、小田先生の繊細なラインが美しかったのですが、さてこの「青銅時代」のモデルはこのような華奢なモデルだったのでしょうか。 どこか女性的な印象さえ与えますよね。 […]

詳細へ

さて、昨日ご紹介した【青銅時代】のポーズを描きだす小田さん。頭の大きさから決めてゆく、という基本から入ったばかりの瞬間です。参加者さん達は最初から動画で収めてますね。   描き進んできた小田さんの様子。 &nb […]

詳細へ

中身が濃かったです~、人体って面白いですね~、また是非やってほしいです、というメールをいくつもいただきました。うれしいですよ。【美しい美術解剖図】の出版記念イベント(8月25日@大阪デザイン振興プラザ)に参加された方々の […]

詳細へ

人のカラダの中で、顔の次に人の目に付く場所ってどっかといえば、やっぱり腕でしょう。 ということは、ここを描き損じるのはやっぱ悔しいですよね。「下手やなー」と、口に出さずともそう思われている、、、うーん、悔しい。それはアカ […]

詳細へ

過去記事検索

アトリエ路樹絵渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します

LINK