Kaitos Activity

 美術館でネタ探し

ちょっとカタイ表現ですけど『ポーズ開発』


美術モデルが『表現の引き出し』をふやすには


どうしたらよいのか。


向上心のあるモデルならまちまちに


それぞれがやっている努力が『ポーズ開発』です。


 


後輩モデルたちにこのことを尋ねられたら


ボクはローマ・ギリシャ時代の彫刻から
学ぶことをいつも勧めてます。




彫刻。今鑑賞されている物は


何百年も、時には2千年以上も


『飽きられていない』


そういうポーズなのです。


 


今を生きるモデルが生身でそれを見せることは


大いに意味があると思う。


 
美術館、たとえばオルセーの彫刻たちは、間近で見れるので
勉強になります。

ただ、これらの像の前で同じポーズをとって試してみるので、
ボクは確実にヘンな人、になってしまうのですが
別に気にすることもなし。同じような事をしている
おじさんにも出くわします。



この立像は人体の構造もよくわかる。
足の長さは白人だ。
なんてことないポーズだけれど、
見事な計算といいたい完璧。


 


 



そしてクロッキー会では
彫刻からもらったインスピレーションで実際にやってみるのです。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します