Kaitos Activity

 年の暮れにもデッサンモデル・大阪

12月23日、大阪通天閣のすぐ前のギャラリーカフェkirinの倉庫で、ボクにとっては今年最後のデッサンモデルの立ちました。京都ROJUEの渡邊先生のデッサンレッスンのモデルです、最後は本拠地に帰ってのパフォーマンス。

ホットカーペットだけが頼り。絵描きの皆さんは着込んでも寒さで指がかじかんだようです。

暮にもかかわらず20人ほどがあつまっていただきまして、彫刻や立体の方も来られてました、ボクが立つと3次元の方々が来ていただけます。

10時から16時まで。描き終わったら渡邊先生による合評。

今回は先生といわれる方々が来ていただいて大阪芸大の小田先生や兵庫教育大の前芝先生など、その他にも画業をされている画家さんも来られてました。

大阪芸大の小田先生。一灯照明の逆光をものともせ、光源に向かいながらの1枚。
atari saori画伯の1枚。この画家さんの特長である塊と量のリアルな表現

来年は地元関西での活動を、もっと増やそうと思ってます。

過去記事検索

Archive

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します

Link