Kaitos Activity

 ニッポンに行きたい

仲良くさせていただいている画家さんが
このまえNYに行ってきて、帰国後にメールをいただいた。
メールで熱く語っておられたのだけど、
”日本で何もできない人間が他国で何も出来るはずない。
私は日本が基盤だと痛感した。”
そうですよねー、ホントそうです。
日本はアートの環境が厳しいから、とか
日本社会はアートに理解がないとか、
”日本”のせいにして海外に行った人は、
ホントは実力がない自分が一番の問題なのだと
分かっていてニッポンのせいにしているんだろうか。
 (のっけからエラくきついことで。どうしたん、今日は)
というのも、
世界のアーティストたちが日本に行きたがっているのですよ。
このことを知って欲しくて。
僕の知る限り、特にフランスはそうですね。
がんばって、トーキョーに行くぜえ、俺は。
このセリフを何度聞いたことか。
いまこの日本に居てるアーティストたち。
ここに居てるだけで恵まれている。
海外に行きたいとか言う前に
どれだけの努力をしたでしょう。。。
冒頭紹介した画家さんのメールは
それを言っているのでしょう。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します