Kaitos Activity

 シルエット


美術モデルは活動をしているうちに
写真作品の人物のモデルをする事も少なくありません。
大概はちょっとしたきっかけで写真家さんと
知り合いになってはじまって
それがクチコミになって行きます。
ファインダーの前に立つと
雰囲気もポーズもうまく出せるモデルがいます、
これはもう造形感覚のセンス、ですね。
理屈でどうのこうの、じゃないと思う。
東京ROJUEでモデルをやってくれている
いずみちゃんはそう言ったモデルの一人。
たしかデッサンよりも写真モデルの方が
多いって言ってたっけ。
クロッキーの一場面。
写真家さんもうまいんだろうね。
シルエットに塗りつぶしているのに
なおかつモデルの持つ雰囲気がよく出ています。
手前のスペースもよく効いていますね。
(写真家 Seika - Cube Drawing)
(モデル:いづみ)

写真モデルの現場ってどんなの?ときかれることが
あります。 ボクもなんどかやらせてもらったことが
あるけどそういや撮影現場の動画はとってないなあ。
以前に話題にしたAndrea Bitesnichの
撮影ワークのyou tube があるので
ちょっと見てみてください、
写真モデルの現場って
ホントにこんなかんじ、です。
モデルはいろいろいろんな事をやるし、
写真家も撮るうちにテンションが上がってきます。

過去記事検索

美術解剖学レポート

美術解剖学レポート

アトリエ路樹絵
渡邊一雅監修商品

渡邊一雅監修人体デッサン作成デモDVD

渡邊一雅 人体描画DVD
Dessin Demonstration

詳しくはこちらをクリック

そこが知りたい!人体デッサン

海斗がプロデューサーを務める「人体デッサンのアトリエROJUE」。そのアトリエの主宰である渡邊一雅の技法書が出版されました。
もっとうまくなりたい人はぜひお求めください。

※表紙イメージをクリックorタップして頂きますと販売サイトに移動します